ユキに重ねて何を想う

2020-04-17
【春の花シリーズ】 このユキヤナギは霊園の脇から小川に降りて行った土手沿いに咲いています。 開花時期は4月ですが、この流れる柳のような枝ぶりに白雪を彷彿とさせる白い花をつけることが名前の由来だそうです。 私たちは過ぎ去る日に思いを馳せてしまうことがあります。 名付けの親は、ユキヤナギの連なる花に雪を重ねて何を想ったのでしょうか。 手を合わせる先を必要とした人間の心模様がユキヤナギに現れているように感じます。
ページ上部へ