6月, 2020年

アジサイが見ごろに

2020-06-23

梅雨の季節、外出するのはなかなか気分が乗らないものですよね。

そんな気持ちを振り払って「さあいこう」と一歩踏み出した皆さんを

癒してくれるのがアジサイです。

この雨の恵みを受けて霊園のアジサイがとても綺麗に咲きました。

紫、青、ピンクの鮮やかなグラデーション。一つとして同じ花はありません。

今日、人間はフィジカルディスタンシングに気を付けなければいけませんが、

今年のアジサイはとても密に咲いています。

雨上がりの日にはどうぞお越し下さいませ。

夏の植え替え

2020-06-22

夏の植え替えを致しました。管理事務所前に植えたのはサンパチェンスとコリウス。みなさんが思い切って外に出ることができる時には

成長した姿を見せれると嬉しいです。

ちなみにサンパチェンスの花言葉は「太陽のように輝く笑顔」コリウスは「健康」です。みなさんの心の健康と、日々笑顔で過ごされていることを願っております。

まだら模様

2020-06-01

紫陽花が咲き始めました。先日の朝日新聞の「天声人語」に歌人、渡辺水巴の詠が紹介されていました。

「紫陽花や白よりいでし浅みどり」

「浅みどり」とは空色のこと。

記事の中で筆者はこの詠を受けて

「顔を近づけてみると緑、白、そして空色のまだら模様があった」

と述べていました。

私も霊園の紫陽花を覗いてみると、蕾がポツリポツリと「空色」に綺麗に染まっていました。

緊急事態宣言が解除されてもまだまだ気の抜けない状態であることには変わりありません。

今はまだ、まだらの状態ですが、

外出した空の下、行き交う人々の瞳に「空色」が一斉に映し出されることを願うばかりです。

ページ上部へ