クリスマスローズの神話

2020-04-16
【春の花シリーズ】 駐車場脇の白モクレンの足元に、クリスマスローズが咲いています。 12月から2月が旬の花ですが、今も綺麗に咲いています。 クリスマスローズは名前の通り、キリスト教に関係する花です。 キリスト生誕の際、貧しい羊飼い少女が、祝福をしに聖母マリアのもとへ訪れました。 少女は何も持っていなかった為、周りに花をさがすものの、 季節は冬ですので見つけることができず、涙を流します。 すると少女の涙が落ちた地面からバラのような美しい花(クリスマスローズ)を咲かせ始めたのです。 少女はその花を聖母マリアとキリストへ捧げたということです。 春に咲く花があれば、冬に咲く花もある。 花木、大自然は宗教の枠を超えて私たちに何かを教えてくれています。      
ページ上部へ