高嶺の花

2020-04-19
【春の花シリーズ】 A区の通りに咲き始めたシャクナゲです。「高嶺の花」の由来となったといわれているシャクナゲ。日本では高山に自生しており、咲く場所も斜面などが多かったため、入手がとても難しかったそうです。一方やすらぎのシャクナゲは、手の届くところでその花の美しさを余すことなく見せてくれます。もちろん高嶺の花ですので、手には入れず見惚れるくらいにしておきましょう。
ページ上部へ