まだら模様

2020-06-01
紫陽花が咲き始めました。先日の朝日新聞の「天声人語」に歌人、渡辺水巴の詠が紹介されていました。 「紫陽花や白よりいでし浅みどり」 「浅みどり」とは空色のこと。 記事の中で筆者はこの詠を受けて 「顔を近づけてみると緑、白、そして空色のまだら模様があった」 と述べていました。 私も霊園の紫陽花を覗いてみると、蕾がポツリポツリと「空色」に綺麗に染まっていました。 緊急事態宣言が解除されてもまだまだ気の抜けない状態であることには変わりありません。 今はまだ、まだらの状態ですが、 外出した空の下、行き交う人々の瞳に「空色」が一斉に映し出されることを願うばかりです。
ページ上部へ