ブログ

少し早いけれど・・・ 花まつり です‼ 

2021-04-03

4月8日は、花まつり。 お釈迦さまのお誕生日です。やすらぎの郷では少し早いですが、今日から花御堂を設置してお誕生仏をおまつり致しました。甘茶をかけてお参りします。

毎年楽しみにお参りにみえる方もいらっしゃます。 実際に甘茶もお飲み頂けますよ。甘くて、懐かしい(?)味がしますよ。今年は4月8日木曜日は休園となりますのでご注意下さい。(7日も休園の為、6日迄にお参り下さい)

 

天上天下 唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)

約2500年前、現在のネパールのルンビニでシャカ族の王子様としてお生まれになったお釈迦さま。花々は美しく咲き誇り、

竜が甘露の雨を降らせてお祝いしました。すぐに7歩、歩かれて右手で天を左手で地を指さされ有名な「天上天下唯我独尊」とおっしゃられたと伝えられています。自分の命が尊いのと同じように、あらゆる命が尊いのです。人間のみならず生きとし生けるものすべてが、かけがえのないいのちを頂いて生きている。花まつりのお誕生仏のお姿は、私たちに命の尊さを教えて下さっています。

 

 

 

桜満開

2021-03-30

参道のソメイヨシノが満開となりました。先日の暴風にも耐えて、とても綺麗に咲いています。霊園にお参りされている方がスマートフォンで写真を撮りながら笑顔になっている姿をよく見受けます。ただただ生きているだけなのに人を笑顔にできる。私たちはどうでしょうか。自然から学ぶことはまだまだたくさんありそうです。どうぞお墓参りの時にお花見にお越しください。(水・木曜日は休園しておりますが、通用門からお入りいただけます。)

あけましておめでとうございます

2021-01-01

新年あけましておめでとうございます

昨年はコロナ禍で大変な1年でした。

今年も引き続きコロナ禍が続きますが、感染拡大防止に気を付けて生活をしましょう。
皆様のご健康とご多幸をご祈念致します。

年末年始の開門時間

2020-12-08

横浜やすらぎの郷霊園から年末年始のお知らせです。

例年通り時間を短縮して無休で開園致します。

12月29日(火)~1月4日(月)

10:00 ~ 15:00

上記の日時で開園致します。

宜しくお願い致します。

秋はもみぢ葉

2020-11-18

D区に上がる階段の脇ある紅葉が見頃となってきました。

まるで紅葉がリレーをしているかのように

綺麗なグラデーションです。

「形見とて 何かのこさむ 春は花 山ほととぎす 秋はもみぢ葉」(良寛)

何かをこの世に残そうと思っても残るものではないし、

残るものは大自然のように人の思い計らいを越えて残っていく。

その大自然の一つとして表されたもみぢ葉は、

今日もすべてのものの形見として、

目の前に現れてくれているようです。

 

秋の植え替え(パンジー)

2020-11-06

A区の足元を飾るお花をマリーゴールドからパンジーに植え替えました。

中々、おさまらないコロナ禍でもみなさんが安らかな気持ちで

お参りできますようにしたいと思っております。

きのこのこのこげんきのこ

2020-10-27

古木の切り株に、突如として現れたキノコです。

何という名前なのかわかりませんが、徐々に増えてきてこのような群れとなりました。

実りの秋を感じる元気なキノコでした。

山茶花と椿

2020-10-11

山茶花(サザンカ)の可愛らしい花が咲き始めました。

ところで山茶花と椿って見分けが付きづらいですよね。

一番有名な見分け方は、椿が花が散る時に、花首から落ちるのに対し、山茶花は花びらが落ちるということです。

つまり散るまでは非常に分かりづらい。しかし、どちらも美しくその花をほころばせます。

何かを分けようとする人間の心に一石を投じているかのようですね。

暑さ寒さも彼岸まで

2020-09-23

正門のモニュメントの足元にひょっこりと顔をだした彼岸花です。

今年は、晩夏も例年見ぬ猛暑に見舞われました。

夏が終わるのか不安になる程でしたが、「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざの通り、彼岸に入ると途端に秋の空気になってまいりました。

彼岸は、どのような苦しみに出会おうとも、季節の節目を迎えることのできる縁を尊び、我が身心を正しながら過ごす大切な期間です。

節目節目を重んじる日本ならではの伝統。向かい風の中を凛とまっすぐ花を咲かす術をご先祖様は教えてくれています。

梅雨明けのひまわり

2020-08-03

蝉時雨の降り注ぐやすらぎの郷霊園の夏に、ひまわりが彩りを添えてくれました。

向日葵は太陽の移動によって花の向きが回ると考えられていることから、昔は「日廻り」と書いていたそうです。

やがて、ひまわりの花が向日性があることと、四方向に花が回り咲くという意味の「葵」という漢字が当てられ、

現在の「向日葵」となったそうです。

少し生育したひまわりは、太陽が隠れている曇りや雨の日も太陽を追いかけて動きをするそうです。

日々のルーティンを淡々と行い、例え目印を失っても、迷わず生きる術を磨くのは、

まさに修行生活そのものです。

一寸先も見えぬ現在の世の中でも、

朝起きれることの幸せ、ご飯を食べれることの幸せ、お風呂に入れることの幸せ、夜寝むれることの幸せ・・・

当たり前の日常の一コマ一コマを大切に些細な幸せを感じながら過ごす

シンプルな生き方が求められているのではないでしょうか。

どのような環境であっても、

皆様が向日葵のような笑顔で過ごすことができるヒントを

伝えていけたらと思います。

ページ上部へ